意外と時間のかからなかったハローワーク

a0016745_18433555.jpg

 基本(失業)手当の給付を受けるためにハローワークへ行ってきました。

 ハローワークへは2年ほど前に教育訓練給付金の申請に行きましたが、その時にはまさか失業手当をもらうためにまた行くことになるとは夢にも思っていませんでした。

 ハローワークではまず総合受付で必要書類の確認と仕事に就く意思があることを確認され、数枚の書類に記入するよう説明がありました。それらの書類を記入後、指定されたカウンターの受付箱に書類を出し、待つことおよそ30分程度で呼ばれました。カウンターでは求職について正社員か派遣・請負の希望を質問され、職業斡旋のシステムについての説明を受けました。

 その後、別のカウンターの受付箱に書類を出すよう案内され、再び待つこと30分程度。今度は雇用保険の加入期間の確認と『再就職手当・早期再就職支援金』の制度が4月から変わること(支給残日数×基本手当日額×40%が30%になる旨)と会社都合退職につき基本手当が出ない待機期間が7日間であることなどの説明を受けました。また、基本手当支給日数は年齢と雇用保険の加入年数、自己都合か会社都合のどちらかといった要素で決まるのですが、私の場合は雇用保険の加入期間が10年以上20年未満、年齢35歳以上45歳未満ということで最長240日分受給できるそうです。(でも8ヶ月も職に就けなかったらマジやばい!)

 次は待機期間明けに雇用保険説明会(2時間)に出向かなければならないそうです。半日つぶれる覚悟でハローワークへは出向きましたが、2時間弱程で済んでしまいました。


[PR]

by karl_2525 | 2005-01-27 18:43 | うつ  

<< 年金手続きの落とし穴 明日はハローワークへ >>