社会復帰第三関門まもなく終了

 転職して3ヶ月目に初めて抑うつ状態になり退職勧奨を受けた。その次の職場では4ヶ月目に抑うつ状態が再発し、やはり退職勧奨を受けた。その後8ヶ月の休養と1ヶ月の無職を経て、再就職できたのが社会復帰への第一関門。3ヶ月の試用期間を満了したのが第二関門とすると4ヶ月目の現在は第三関門通過中といったところだろう。

 現在の職場は上司によるパワーハラスメントもなく、第三関門も無事に通過できそうな見通し。仕事が忙しいとはいうものの、最初に抑うつ状態になった職場と比較すると比べものにならないくらい残業時間も少ない。人間の感覚とはまことにいいかげんで、夜10時、11時といった時間まで働いていたことを考えると現在の8時、9時は少ないほうだと論理的には考えてしまう。肉体的には結構疲れていても、以前の職場へ満員電車で座れずに通勤していたことを思い出すと、行きも帰りも座って通勤できる今の職場が恵まれていると論理的には考えてしまう。

 仕事で辛いなぁと感じるときは、これらのことを思い出すようにしている。そうすると今の自分がいかに恵まれているのかということを理解でき、辛さも多少は和らぐようである。

 はたして第四関門はあるのだろうか?半年働き続けられるようであれば第四関門通過としよう。そして1年間働き続けられたら最終関門を通過としても良いのかもしれない。そして、ここまで来れれば自分としては抑うつ状態も寛解したと認知できるだろう。自分の仕事の質は二の次で、毎日ある程度穏やかに通勤でき、それを持続できるようになることが自分にとっての目標であると同時に幸せなのである。
[PR]

by karl_2525 | 2005-07-18 23:14 | 社会復帰  

<< その後 中休み? >>