勝手に時差出勤

 連日のように9時過ぎまで残業していた状況から、ほんの一歩だけ改善されたといった感じで8時半頃には会社を出られるようになってきた。

 弊社はフレックス出勤が許される人事的グレードが存在するのだが、入社一年経過した今でも、自分がフレックス出勤を許されているのかわからない。入社後、間もなく人事に聞いたのだが、回答は?だった。まったく労務管理におおらか?!な会社である。

 何事も自己責任ということなのか、最近では勝手に時差出勤しているものの咎められことはない。もっともろくにリソースプランもたてずにプロジェクトが降ってくる状況で、定時に出社しろなどと咎められようものなら逆切れしてやろうという心積もりもある一方、適当にヘラヘラ謝まりつつ時差出勤し続けた方が得なのかもしれない。

 世の中、決してシロクロつけてはいけないのかもしれない。いかにしてグレーな状況を維持できるか否かが、世渡り上手かをわけるのだろうと一人で勝手に納得している私であった。
[PR]

by karl_2525 | 2006-04-18 23:56 | 社会復帰  

<< 眠剤処方 インフルエンザ?でダウン >>