<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

再就職してから丸一年

 再就職してから丸一年が経過した。始めの数ヵ月は結構辛かったように記憶している。思うに、この辛さ加減が復帰への明暗を分けるのだろう。復帰に際して、この辛さ(具体的に何を辛く感じるかは体調を崩した原因に依る)は避けて通れない関門である。

 私の場合は一度目の復帰の際、この関門を通過することができずに失敗してしまった。この時の職場ではネガティブな言動(スパルタマネージメント?!)を毎日浴びせる上司に耐えられなかったのである。まぁ本人は上司としての威厳をアピールするつもりだったのだろう。おそらくは声のでかい者に絶対服従という環境で勤めていたのかもしれない。しかし、これは一理あるのだろう。一度、部下になめられてしまおうものなら、上司としては致命傷になりかねない。私自身がこれが致命傷となって最初に壊れてしまったのである。よほど真っ当な人格をもった部下でない限り、紳士的に接するものではない。表面的に紳士的に接したとしても、何かしら部下を見下すような態度も必要悪だと思う。もちろん、それに見合うだけの能力も持つべきであるが。世の中はなめられた者が苦汁を飲まされるシステムのようだ。ということに気が付くのに、いささか遅かったのかもしれない。

 毎度のことながら、話しがまとまっていないな。
[PR]

by karl_2525 | 2006-03-29 00:09 | 社会復帰