<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

トレーニング3ヶ月目

 運動不足の解消に始めたトレーニングも、3ヶ月目に入った。著しい体型の変化は当然望めないながら、お腹と二の腕のプヨプヨ感はなくなってきたように感じる。(自己満足?!)

 もともとは運動不足の解消と健康維持を目的に始めたトレーニングではあるが、筋トレ関連のサイトを徘徊しているうちに性根を入れて筋トレに励もうという気持ちが芽生えてきた。子供の頃に読んでいた漫画雑誌の裏表紙に毎回のように掲載されていた、ブルワーカの広告に出てくる筋肉モリモリ逆三角形体型に少なからず近づきたいなどと考え始めた。

 40歳過ぎていまさら何を血迷ったか・・・的ではあるが、まぁ身体を壊さない程度に加減をしながら筋トレに励もうと思っている。プロテインも効果的のようなので早速ホエイプロテインやらを楽天で調達。さて、次回の筋トレに向けて準備は整った。
[PR]

by karl_2525 | 2006-08-19 21:57 | 筋トレ  

残業改善著しく

 7月頃から残業が改善されてきた。以前では20~21時だった退社時間は、この頃では早くて19時、遅くともだいたい20時頃には退社できるようになってきた。

 改善の大きな要因は、かかえていたプロジェクトが概ね片付いてきたところが大きい。我が職場では定常時で1.2~1.3FTE必要な業務を1名の要員で回すという悪しき常識がある。要員が4名いれば1名分の人件費は浮くことになる。うまく考えたものだ。(世の大半の企業はこのように労働者への過重な仕事を押し付け人件費を浮かせて利潤を得ているのだろう。)

 ましてやプロジェクトなどが立ち上がろうものなら、既存の要員でプロジェクトを賄おうとするので概ね1.4~1.5FTEという試算で責めてくる。プロジェクトに1名分の人件費をかけるかわりに、既存の要員2名でその分を賄おうということである。もちろん、既存要員2名には残業代など支給されないので、会社はプロジェクト要員1名分の人件費をまるまる負担しなくてすむわけである。
[PR]

by karl_2525 | 2006-08-17 23:53 | 労働問題  

減薬1週目

 主治医と相談の結果、先週より1日4回だった服用を3回へ減らし就寝前の服用がなくなった。1日3回の処方は全く同じなので単純に1日の服薬量が4分の3になったことになる。就寝前の服用がなくなるので、朝の調子が心配であったが、この1週間は特に今までと比べて体調が悪くなるようなことはなかった。このまま、しばらくの間現在の服薬量を維持し、1日に2回服用になるのだろうか?

 今の薬を服用するようになった当初は特にひどい副作用もなく安心していたのだが、薬をやめるのがこれほど面倒だとは思ってもいなかった。喉もと過ぎれば・・・ではないが、抑うつ状態から脱するのにどれほど薬が貢献したのか不明である。

 事実として言えることは、薬を服用しながら前の職場に勤務している間は抑うつ状態が改善することはなかった。しかし、職場が変わったとたんに抑うつ状態はみるみる改善していったことである。自分の場合、職場を変わることが一番効果的であったようだ。

 生きていくうえで衣食住は欠かせないものではあるが、それらと同じくらい人は自尊心なくして生きていけないようである。
[PR]

by karl_2525 | 2006-08-12 01:07 | うつ  

無理な減薬はやっぱりダメ

 涼しく梅雨明けしたかと思えば数日もたたないうちに真夏日になったものだから身体がついていけませんわ。

 体調が安定してから2年が経過し、社会に復帰して1年半が経過した。抑うつ気分もすっかり遠い昔のことで、自分は本当に抑うつだったのかと思われるものの、今でも投薬を受けていることが動かぬ証拠。

 先日、訳あって薬を減らそうと試みてしまった。現在同じくすりを同じ量で一日4回服用している。まずは昼食後の薬を抜いてみたところ、夕方になって浮遊感に襲われる。抑うつ気分になるとか不安な気持ちになることはなかったものの、歩いていても雲の上にいるような感覚だった。その後、さらに夕食後の薬も抜いたところ大した暑さでもないのに顔中から汗が吹き出てきた。(いわゆるあぶら汗)そのうちめまいまできたので早々に就寝。この時も就寝前の薬をパス。

 翌朝は昨晩ほどの不調ではなかったが、頭に霧がかかったようで完全に反射神経が鈍っているのが自覚できた。さすがにマズイと思い、その日の昼食後から薬を飲んだところ夕方あたりから元に戻っていった。

 どうも急激な減薬による中止後発現症状のようだ。やはり医師に相談しながら少しずつ減薬しなければいけないと痛感した。その後主治医に相談したところ、とりあえず就寝前の薬を減らして様子を見ることとなった。

 普段効き目を意識していない薬だけに厄介なものである。
[PR]

by karl_2525 | 2006-08-06 00:49 | うつ