<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

残業代ゼロ時代到来?

 度々このブログでも取り上げていたホワイトカラーエグゼンプション(サラリーマンの残業代カット合法化)であるが、とうとう安倍政権が来年1月からの通常国会で成立させるつもりらしい。

 そもそも、企業利益の追求団体である経団連が中心となって議論されてきたから言わずもかな・・・である。

 製造業への人材派遣という悪しき規制緩和で大量の低賃金労働者を生み、またもや労働者の意欲を削ぐような政治のやり方は頭の悪い私には全く理解できないのであった。
[PR]

by karl_2525 | 2006-11-13 23:57 | 労働問題  

アレルゲンと癒し

 ここ2ヶ月ほど、夜中に突然咳き込み目が覚めることが多かったので医者へ行くことにした。

 鼻もグズグズしていたのだが、医者の診断では就寝中に鼻が気管支に入って咳き込むのではないかとのこと。風邪はひいていないので鼻水が出る原因としてアレルギーを疑われた。とりあえず、アレルギーの有無を調べるということで採血され、結果が出た。

 結果はハウスダストとネコ皮膚に対するアレルギーがあるということであった。子供の頃にアレルギー性鼻炎で耳鼻科に通ってたことを思い出した。修学旅行の夜に、クラスのみんなが布団の上で暴れまわっていた時にくしゃみと鼻水がとまらなかった事も思い出した。また、捨てられていた子猫を拾ってきた晩にくしゃみと鼻水が止まらなくなったので、自分がこれらにアレルギーがあるということは自覚していたが、血液検査で太鼓判を押された。(笑)

 我が家では1年以上前からネコを飼い始めているが、やはり猫がやってきた当初はくしゃみが出ていたものの日が経つにつれて収まっていった。イヌやネコが好きなのに動物に対してアレルギーというのも皮肉なものだ。もちろん、今飼っているネコは家族の一員となっており寿命を全うするまで飼い続けるつもり。アレルギーについては了承の上である。

 我が家のネコは、私にとってのアレルゲンではあるのだが、同時に心を癒してくれる存在でもある。ネコはイヌとは違い全身で慕ってくるわけではないが、それとなく擦り寄ってくる猫の仕草が意外とかわいい。もともと自分はイヌ派であるが、妻がどちらかというとネコ派で住宅事情や散歩の問題でネコを飼うことになった。

 来年にはもう少々広い住まいに引っ越す予定なので、多少は症状も良くなるかもしれない。単位空間あたりのネコの毛の飛散度が下がるだろうという素人考えである。空気清浄機も買ったほうが良いかな。そこまでしてネコを飼うの?と不思議に思われるかもしれないが、それは飼い主の責任である。

 ところで、減薬はいまのところ概ね順調。ごくまれに夕方あたりに離脱症状が現れて軽いめまいを感じることもあるが、それ以外の問題は全くない。まぁまぁな人生に落ち着き始めている。もっとも将来のことは誰にも予測できないが・・・
[PR]

by karl_2525 | 2006-11-11 01:02 | 雑談色々  

不快な夢

 昨晩は非常に不快な夢を見てしまった。

 夢に出てきたのは私が初めて抑うつ状態となる原因の一つであった部下。どんよりと暗い空で雨が降り、私はその時の会社近くにいた。最近では彼のことは全く忘れていたのに夢に出てきたのはとても意外だった。夢の中の私は彼に対して、猛烈な勢いで彼の態度を非難していた。その彼は自己主張が強く、仕事に対して私の意見に対して全く耳を貸すことはなかったばかりではなく、烈火のごとく反論される毎日であった。その頃の私は『部下に対して力でねじ伏せるような威圧的な態度をとってはいけない。部下も尊重するべきだ』という考えであったが、その考え方が彼を増長させ、私の立場は日に日に苦しくなる一方だった。そして仕事は思うように進まず、その責任は私がとることとなった。

 社会で生きていくためには相手を尊重することも大事である。しかし、声の大きな者が得をすることが多いのも事実である。自分が相手を尊重すれば、相手も必ず自分を尊重してくれるということを信じ、それまでは疑うことがなかった。まったく、私はおめでたい奴であった。
[PR]

by karl_2525 | 2006-11-04 01:34 | うつ