<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

無能な上司が頭角を現す

『頭角を現す』

普通はポジティブな表現で使うものだから、ネガティブな表現に使うのは誤りとは思いつつ、他に良い表現が見つからなかった。


直属の上司が事実上更迭され、彼の仕事がもろに私に降りかかってきてしまった。元々少人数名グループの上、これまで直属の上司が組織として機能していなかったため、実質的に現場は私が仕切らざるをえなかった。ただ、組織上はその責を上司が負っていたので、私は影武者で済んでいたのだが彼が外されてしまったので矢面に立たされることとなってしまった。


そればかりか、彼の上司(部門長)からは『君には期待しているから』というお決まりの都合の良い言葉と共に部門長自身がすべき業務まで降りかかってきてしまった。その理由は部門長自身が多忙になってきたからである。


部門長のような上級管理職は誰よりも忙しい。これまで勤めてきた会社はそうであった。しかし彼にいたってはスタッフの誰よりも遅く出社し、誰よりも早く帰る。そんな彼が今までより忙しくなったからという理由で、本来、彼自身が上級管理職として実行すべき業務を単なるスタッフの私に丸投げされ、非常に不愉快であり非常に凹んでしまった。


上司が部下へ仕事を指示すること、それ自体は当たり前のことではあるが指示する仕事の内容は選ぶべきである。もし、経営者が企業の経営自体を経営者でもない社員に丸投げしたら、何のための経営者?仕事はせずに待遇だけ経営者なの?そんな状況になっている。


しかも私の人事評価は入社以来ずっと右肩下がり。これは今までの失敗を振り返り、上司に高い評価をもらうことを期待しないで働いてきた成果?であるが、彼もせにはらはかえられないと見たのか昨年の評価を1つ上げてから仕事を丸投げしてきた。ちなみに現勤務先の制度では1つ人事評価が上がったところで給与も賞与も全く変わらない。


全くもって悪質である。
[PR]

by karl_2525 | 2009-03-25 00:34 | 労働問題  

イライラ・悶々としてる日々

どうも最近、毎日のようにイライラしている。

くだんの妻との一件

表面的には平穏さを取り戻しつつある。が、私の妻に対する気持ちはそれまでと180度変わってしまった。自分を嫌いな人間を好きでいられるほど心が広くないし。女性としてはもちろん、家族としても人間としても好きではなくなった。はっきりと嫌いといえるレベルではないが、好きではなくなった。一緒にいても楽しくないし、会社の同僚と一緒にくだらない話で盛り上がっている方がよっぽど楽しい。そんな感じ。

反抗期の長男

親に反抗する年頃なのでしかたがないし、自分も同じ年頃には親に反抗していた。しかしながら、私が入った後の風呂に入るのは嫌だとまで言われると非常に気分が悪い。女の子だったら多少理解ができなくもないが・・・。ちなみに我が家は私を含め、全身を洗ってから浴槽に入るのでなおさら気分が悪い。弟を都合よく使い走りするは、気に入らないと弟に当り散らす様子が非常に不愉快だ。先日、私が爆発してつかみ合いとなり床にねじ伏せてからは多少生活態度が改まったようだ。一発くらいは殴っておいた方が本人のためになったかもしれない。

身体の不調

昨年の秋から腕の関節痛がとれない。最初は鈍い痛みだったが次第にズキズキと疼く痛みになっていった。市販薬を塗っていたが改善が一向に良くならないので病院で診察を受けることにしたが、レントゲンでは異常はないという診断。リウマチも疑われて血液検査をしたが、結果が出るまで多少不安だった。この歳で寝たきりになり家族の介護を受けるなんて冗談じゃない。結果は陰性。消炎・鎮痛薬を処方され、疼くほどの痛みはなくなったものの未だシクシクと痛む。

耳鳴りもひどくはならないものの良くもならない。通院も改善がみられないのでやめてしまった。

気晴らしにでもなればと思い、20年数年ぶりにパチンコを打ちに行ってみた。最後に行ったときはまだ電動チューリップの時代だったので、ホールに入ったときは浦島太郎状態になった。テレビゲームのような当りの演出や異常なまでに丁寧になったホールスタッフの対応には驚きの連続だった。お約束のようなビギナーズラックに恵まれて1ヶ月間ほどはどっぷりとはまり、休みの度にホールへ足を運んでいたが意外にもあっさりと飽きてしまった。自分の性格からして、もうちょっと深みにはまると思っていたが、後半は全く勝てなくなってしまったのでバカらしくなり、つまらなくなってしまった。

あぁ何か、生きていく上での楽しみを見つけなくては・・・
[PR]

by karl_2525 | 2009-03-02 00:49 | 雑談色々