ホワイトカラーエグゼンプション

 一昨晩のニュース番組でホワイトカラーエグゼンプションが取り上げられていた。番組は労働者寄りに取り上げており、過労死した遺族やその遺族が同制度の導入反対を国に対して申し立てている様子を取材していた。

 ホワイトカラーエグゼンプションとは一定の年収を越えるホワイトカラー(サラリーマン)の法定労働時間を撤廃し、賃金を時間ベースから成果ベースにするということであり、成果に対してどれ位の時間を費やすかは個人裁量でかまないが、そのかわりに超過勤務手当はなくなるというものである。

いわゆる成果主義信仰に則った企業の人件費削減にさらに磨きをかけようという魂胆である。

 はたしてあらゆる業務の成果を定量的に計れるだけの高度なマネジメントシステムと人材を持った企業が日本にどれほど存在するのか大きな疑問である。

仮に完全に定量化できたとして、それを個々人の目標とする成果に公平に配分することなどはできるはずがない。なぜならば、企業は公平の基準を自由自在に設定できるからである。1.5人分の仕事を与えても、1人で成果が上げられなければ、個人の能力が低いからだと、企業はいくらでも言い逃れが可能である。

 まったく、労働者からの富の搾取もほどほどにしてくれないと、そのうちに日本は滅びてしまうよ。
[PR]

# by karl_2525 | 2006-10-27 00:49 | 労働問題  

断薬第二段階

 8月12日に4回/日から3回/日への減薬を開始してから、おおよそ2ヶ月が経過した。それから2ヶ月経過し、特に離脱症状に悩まされることもなかった。その後の診察で処方は3回/日のままで体調を見ながら昼の服用を中止し、2回/日でということになり現在は経過を観察中。

 朝の服用時刻が概ね6時半頃なので、夕方6時半に服用すればちょうど12時間後との服用となる。仕事柄夕方6時半に夕食はとれず、9時から10時頃に夕食(夜食?!)となってしまうので、その食後まで服用しないと軽い離脱症状が現れる時もある。会社を離れる7時から8時頃までに服用すれば、特に離脱症状は現れないようである。

 こうして徐々に薬の血中濃度を下げていっているわけで、来年の前半に完全に服用せずに済むようになれば断薬成功である。来年半ばに治療終了を一つの目安にしている。

 数週間前の朝日新聞土曜版に、ストレスの多いサラリーマンが心療内科の受診がネックとなり住宅ローンの見直しができないという記事が掲載されていた。より借り入れ利息の低い住宅ローンに借り替えようとしても、借り換え先の住宅ローンで団体生命保険に心療内科への通院歴を理由に加入できないというケースが増えているらしい。団体生命保険とは住宅ローンを借り入れるにあたり、債務者に万が一のことがあった場合に債務が生命保険から支払われ、遺族に借金が残らないというシステムである。しかし、住宅金融公庫を除くほとんどの金融機関ではこの団体生命保険への加入が必須となっている。特に精神系の疾患、通院歴については非常に判断が厳しく、高いリスクとみなされている。ちょっとした不眠症状で睡眠薬の服用履歴などがあれば、まず生命保険への加入は断られてしまう。最終通院日から2年から3年程度経過すれば、保険会社への通院、治療告知義務はなくなるので、治療完了後にそれだけの期間が経過すれば生命保険加入への障害はなくなるというわけである。

 心の風邪などといわれる抑うつであるが生命保険業界でのリスクポジションは癌に次いで高いようである。
[PR]

# by karl_2525 | 2006-10-12 23:47 | うつ  

ベルト穴1つ分

 筋トレをはじめて4ヶ月目。

 少しずつ効果が現れてきたようだ。具体的にはウエストがベルトの穴一つ分細くなった。サイズにして1~2センチといったところだろうか。体重の方は1~2キロ程度減った模様。常に61キロ以上振れていた体重計が50キロ台で落ち着いている。ペーストしてはかなり遅いがリバウンドを考えるとこれくらいのペースがよろしいらしい。

 一方、体型のほうはポッコリと出ていたお腹が若干ましに見えるようになった。腕周りも2センチ程度増えているので若干筋肉も太くなった感じがする。トレーニング量は週末にジムで一回、週の半ばでゴムによるスロートレーニング一回の頻度なのでこんなものだろう。

 いずれにせよ、『継続は力』の精神で続けていこう。
[PR]

# by karl_2525 | 2006-09-22 23:57 | 筋トレ  

トレーニング3ヶ月目

 運動不足の解消に始めたトレーニングも、3ヶ月目に入った。著しい体型の変化は当然望めないながら、お腹と二の腕のプヨプヨ感はなくなってきたように感じる。(自己満足?!)

 もともとは運動不足の解消と健康維持を目的に始めたトレーニングではあるが、筋トレ関連のサイトを徘徊しているうちに性根を入れて筋トレに励もうという気持ちが芽生えてきた。子供の頃に読んでいた漫画雑誌の裏表紙に毎回のように掲載されていた、ブルワーカの広告に出てくる筋肉モリモリ逆三角形体型に少なからず近づきたいなどと考え始めた。

 40歳過ぎていまさら何を血迷ったか・・・的ではあるが、まぁ身体を壊さない程度に加減をしながら筋トレに励もうと思っている。プロテインも効果的のようなので早速ホエイプロテインやらを楽天で調達。さて、次回の筋トレに向けて準備は整った。
[PR]

# by karl_2525 | 2006-08-19 21:57 | 筋トレ  

残業改善著しく

 7月頃から残業が改善されてきた。以前では20~21時だった退社時間は、この頃では早くて19時、遅くともだいたい20時頃には退社できるようになってきた。

 改善の大きな要因は、かかえていたプロジェクトが概ね片付いてきたところが大きい。我が職場では定常時で1.2~1.3FTE必要な業務を1名の要員で回すという悪しき常識がある。要員が4名いれば1名分の人件費は浮くことになる。うまく考えたものだ。(世の大半の企業はこのように労働者への過重な仕事を押し付け人件費を浮かせて利潤を得ているのだろう。)

 ましてやプロジェクトなどが立ち上がろうものなら、既存の要員でプロジェクトを賄おうとするので概ね1.4~1.5FTEという試算で責めてくる。プロジェクトに1名分の人件費をかけるかわりに、既存の要員2名でその分を賄おうということである。もちろん、既存要員2名には残業代など支給されないので、会社はプロジェクト要員1名分の人件費をまるまる負担しなくてすむわけである。
[PR]

# by karl_2525 | 2006-08-17 23:53 | 労働問題  

減薬1週目

 主治医と相談の結果、先週より1日4回だった服用を3回へ減らし就寝前の服用がなくなった。1日3回の処方は全く同じなので単純に1日の服薬量が4分の3になったことになる。就寝前の服用がなくなるので、朝の調子が心配であったが、この1週間は特に今までと比べて体調が悪くなるようなことはなかった。このまま、しばらくの間現在の服薬量を維持し、1日に2回服用になるのだろうか?

 今の薬を服用するようになった当初は特にひどい副作用もなく安心していたのだが、薬をやめるのがこれほど面倒だとは思ってもいなかった。喉もと過ぎれば・・・ではないが、抑うつ状態から脱するのにどれほど薬が貢献したのか不明である。

 事実として言えることは、薬を服用しながら前の職場に勤務している間は抑うつ状態が改善することはなかった。しかし、職場が変わったとたんに抑うつ状態はみるみる改善していったことである。自分の場合、職場を変わることが一番効果的であったようだ。

 生きていくうえで衣食住は欠かせないものではあるが、それらと同じくらい人は自尊心なくして生きていけないようである。
[PR]

# by karl_2525 | 2006-08-12 01:07 | うつ  

無理な減薬はやっぱりダメ

 涼しく梅雨明けしたかと思えば数日もたたないうちに真夏日になったものだから身体がついていけませんわ。

 体調が安定してから2年が経過し、社会に復帰して1年半が経過した。抑うつ気分もすっかり遠い昔のことで、自分は本当に抑うつだったのかと思われるものの、今でも投薬を受けていることが動かぬ証拠。

 先日、訳あって薬を減らそうと試みてしまった。現在同じくすりを同じ量で一日4回服用している。まずは昼食後の薬を抜いてみたところ、夕方になって浮遊感に襲われる。抑うつ気分になるとか不安な気持ちになることはなかったものの、歩いていても雲の上にいるような感覚だった。その後、さらに夕食後の薬も抜いたところ大した暑さでもないのに顔中から汗が吹き出てきた。(いわゆるあぶら汗)そのうちめまいまできたので早々に就寝。この時も就寝前の薬をパス。

 翌朝は昨晩ほどの不調ではなかったが、頭に霧がかかったようで完全に反射神経が鈍っているのが自覚できた。さすがにマズイと思い、その日の昼食後から薬を飲んだところ夕方あたりから元に戻っていった。

 どうも急激な減薬による中止後発現症状のようだ。やはり医師に相談しながら少しずつ減薬しなければいけないと痛感した。その後主治医に相談したところ、とりあえず就寝前の薬を減らして様子を見ることとなった。

 普段効き目を意識していない薬だけに厄介なものである。
[PR]

# by karl_2525 | 2006-08-06 00:49 | うつ  

スーパーひとし君

 ただいま帰宅途中。電車の中でどんぶりを食ってるおじさんを目撃。それだけローカルな電車で通勤してるということにほかならないが。 去年まで休職続きで、まともに働かなかったためと肉体の経年劣化により、体力の低下が著しく、社会復帰して1年以上経過するが体力も体重も元に戻る気配が全くみられない。

 たまたま近所の市民体育館にトレーニング設備があることを知った。しかも1回利用するのに数百円という安さである。これを利用しない手はないと、早速先週末に行ってみた。

 安価にもかかわらず、エアロバイクやランニングマシン、筋力トレーニングのマシンまで揃っていた。欠けてるのは美人で若いトレーナーぐらい。そのかわり若いお兄さんトレーナーからマシンの使い方等、いろいろと説明してもらった。トレーニングの前と後に血圧や体重、体脂肪率を計るらしい。早速、計ってみたところ血圧は正常値だった。

 最近、ストレスで血圧が上がっているような気がしていたので血圧計を買おうと思っていたが買う手間が省けた。体脂肪率も予想程高くなかったが、もう少し下げたほうが良さそうだ。

 トレーナーに作成してもらったメニューでは、始めに目標心拍数115でバイクを15分、ランニングマシンを15分、合わせて30分の有酸素運動。その後に5種類の筋トレマシンを各15回で1セットずつとなっていた。

 早速挑戦。バイクは目標心拍に合わせるとあまり負荷を上げられなかった。となりのおやじを覗くと、自分より高負荷でバイクをこいでいる。ちょっと悔しい思いをしたが、それだけ自分の体力が低いという証。モチベーションがあがってきた。

 筋トレ15回1セットでは何か物足りなく、2セットずつやったらヘトヘトになってしまった。最初にハリキリ過ぎてしまうのはビギナーの典型だ。

 身体が疲れ易いと精神的にもネガティブになりがちなので、毎週のトレーニングを続けていきたい。脂ののってきたお腹へも気合いをいれなければ。


 めざせ、草野仁!?
[PR]

# by karl_2525 | 2006-06-12 23:41 | 筋トレ  

血圧計

 若干ではあるものの最近は、8時台に会社を離れることができるようになったものの問題が山積で、時間当たりの仕事密度が非常に高くなってきている。上流工程での問題がペンディングになっているためで、納期直前で仕事が降りてくる。こちらはただ、ペンディング事項に対して上流の人間へ機械的に催促を促すのみである。代替案を出しても彼らは納得できないようで、かといって彼らから代替案が出てくることは皆無である。

 一方で、こちらはユーザーからの矢のような催促を受けるわけで、まさに板ばさみ状態である。そんな中、さらに予期せぬトラブルに見舞われるものだからたまらない。神経張り詰めっぱなしで毎日を送っている。さぞかし血圧も上がっていることだろう。(でも夜型の性で朝弱い)

 早速、我が家でも血圧計を買うことにしよう。
[PR]

# by karl_2525 | 2006-05-16 00:22 | 労働問題  

サラリーマンから搾り取れ!

 コイズミさんも取りやすいところから、税金ガンガン取るつもりらしい。構造改革も結構ですが、弱いものいじめはやめてもらいたいものだ。

 報道によれば年収500万円の世帯で年間20万円以上もの増税になる。サラリーマンにとっての大金20万円なんて、政治家やお役人にとってはゴミなのだろう。

 『いざなぎ』を超える勢いで景気が回復しているそうだが、我々庶民は景気回復の端くれも感じることができない。企業は正社員を減らして、外注・パート・アルバイトに置き換えることにより人件費の圧縮で利益を増やしている。おそらく、こういった数字のマジックで景気判断をしているのであろう。


a0016745_21464171.gif
[PR]

# by karl_2525 | 2006-04-24 21:49 | 労働問題